仏壇の歴史

 日本最初の仏壇は法隆寺に所蔵されている「玉虫厨子(たまむしのずし)」ですが、現在の仏壇の原型は、禅宗の寺院が位牌を祀るためにつくった位牌棚といわれています。有名な位牌棚は銀閣寺東求堂にあるもので、本尊を安置するための須弥壇と位牌を祀る位牌棚があります。これが現在の仏壇の形になったといわれています。仏壇は「家の中のお寺」と言われるように、仏壇の内部のつくりは寺院の内陣を模しています。仏壇のなかで、本尊を安置する一段高くなった須弥壇(しゅみだん)は、仏様が住むという須弥山(しゅみせん)をあらわしています。

 日本で仏壇が祀られるようになったのは、1300年ほど前、天武天皇が「諸国家毎に仏舎を設け、仏像及び経巻を安置し、以て三宝を供養すべし」と命じたことが『日本書紀』にあり、これが始まりと言われています。しかし、当時は貴族などごく限られた階級の人々が祀っただけで、鎌倉時代になって庶民階級の家で内仏堂が一般化されるようになったようです。  室町時代には書院造りという武家の住宅様式がおこり、床の間に仏具や掛軸が飾られるようになりました。江戸時代になると、キリシタン対策である「宗門改め」によって檀家制度がとられるようになり、すべての家は檀家としてお寺の管理下に置かれるようになります。同時に、各家庭でも仏壇を安置し供養をすることが奨励されたことにより、今日のように仏壇が一般的になりました。

仏壇とは・・・一般家屋の中に常設された仏を祀る厨子であり、家族の死者を祭る仏壇でもある。内部は仏教各宗派の本山寺院の仏堂を模した豪華な作りになっており、仏像や位牌を納める。大きく分類する場合は、唐木仏壇・都市型仏壇・金仏壇に分けられる。

唐木仏壇 都市型仏壇 金仏壇